K2 登山家 山下松司ファンサイトへようこそ。K2西稜からの初登頂 8611mへの「夢、挑戦、決断」の記録をお楽しみください

八発目 「8月6日 13時55分 南々西稜を登る」

八発目 「8月6日 13時55分 南々西稜を登る」

K2 上部スノーバンドをトラバース

松浦 こちらはBC松浦です。感度良好です。
大谷 その後続行しております。どうぞ。
松浦 はい、雲は8000メートルから頂上にかけてだけです。あとは視界が素晴らしいです。そちらの方の状況を少し知らせてください。
大谷 はい、西面側はちょっと見えません。南々西稜側よりアブルッジ側になってますので、ときどき薄日がさして、コンゴルディアも霧のかなたに見えます。
松浦 こちらBCです。雲がかかっておりますのは頂上の部分だけです。夕方までには完全にとれると思います。他は雲は一つもありません。したがって、天候のことは心配しないで続行してください。あとどのくらいの距離ですか。どうぞ。

K2 登ってきたルートを振り返る

大谷 南々西稜サウスヒラーに出てから5ピッチほどザイルを伸ばしたところです。やはり岩登りで雪を選んで登りますと、雪が柔らかくて、岩の上に柔らかい雪がついて、いやらしい状態です。慎重に登ってます。どうぞ。
松浦 十分気をつけてください。岩の上の雪、これは柔らかい雪、十分気をつけて行動してください。それではこちらの方オープンにしておきますので、また連絡ください。それとナジール及び山下は元気ですか。
大谷 はい、寝不足気味ですが、頑張って登ってます。多分3分の1ぐらい来てるんじゃないかと思います。またはっきりしましたら連絡します。どうぞ。
松浦 はい、それじゃ待っております。どうぞ。
大谷 はい、それでは交信打ち切ります。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional