K2 登山家 山下松司ファンサイトへようこそ。K2西稜からの初登頂 8611mへの「夢、挑戦、決断」の記録をお楽しみください

弐発目 「8月5日 南々西稜に出る」 (2)

弐発目 「8月5日 南々西稜に出る」 (2)

薮田 こちら薮田です。ついさっき帰ってきました。
松浦 何でいまごろ連絡してくるんだ、ばか者。もっと早く連絡してこんか。
薮田 それが、いまインゼルのところにいます。どうぞ。
松浦 了解しました。けさ出発を見てましたら、11時過ぎてからキャンプ4を出発してるじゃないか。きょうみたいな大事な日に何でそんなことするんだ。いま大谷から連絡が入って、南々西稜へもうすぐ出ます。あと5メーターか10メーターで出ます。天候は悪化のもようをしております。了解でしょうか。
薮田 了解です。
松浦 恐らく明日は、天候はもたないと思います。了解ですか。
薮田 了解です。
松浦 したがって、きょう1日しかありません。いま大谷からもし南々西稜がルート的に何とかこなせそうだったら・・・いまのところ3人は体の調子は非常にいいということです。約8300のところにいます。ここへ酸素をデポして、そこから頂上へ向かいます。その判断は間もなく彼らの報告を聞いて後ほどしなきゃならないと思います。このような大事な日に、まだキャンプ5にも着かないで、途中で荷上げをしているなんて、とんでもないことだと思います。キャンプ5にいま何人着いたんですか。
薮田 キャンプ5にまだ着いてません。インゼルです。キャンプ5にカリムが酸素ボンベを荷上げして、インゼルのところまで戻ってきました。キャンプ5には岩田と恵がおります。どうぞ。
松浦 岩田と恵がおっても、連絡のしようがないじゃないか。君たちがもっと早く上がっていれば、酸素を1本でも持って後を追いかけられるんだけど、連絡のしようがないじゃないか、早稲田の山登りというのはそういうものじゃないんだぞ。
薮田 申しわけありません。
松浦 何のためにキャンプ5へ荷上げしてるんだ。その酸素を使うために荷上げしてるんだぞ、アタック隊は朝5時に起きて、少しでもルートを伸ばしておこうということで、出ているわけだ。たまたま天候が悪くなりそうなので、このまま恐らく頂上へ突っ込むことになるだろうと思います。それをサポートできないキャンプ4のふがいなさ、自分でわからんか。とにかく急いでキャンプ5まで上がってください。
薮田 了解しました。

松浦 第5キャンプ、感度ありますか。第5キャンプ、感度ありますか。薮田 薮田です。感度あります。どうぞ。
松浦 こちらはBCの松浦です。キャンプ5へ到達しましたでしょうか。
薮田 まだです。もう少しです。待ってください。
松浦 君が一番先に歩いてるのか。
薮田 いや、真ん中です。
松浦 もうすでに到着した者がいてるのか。
薮田 いません。まだいません。
松浦 キャンプ5に到着次第、BCに連絡すること。了解か。
薮田 了解しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional