K2 登山家 山下松司ファンサイトへようこそ。K2西稜からの初登頂 8611mへの「夢、挑戦、決断」の記録をお楽しみください

12発目 「8月7日 5時 雪洞より」

12発目 「8月7日 5時 雪洞より」

K2頂上 8611mの影を見ながらビバーク態勢に入る。ほとんど眠れぬままビバークの夜が明ける。

松浦 まず体の調子はどうだ?
大谷 ちょっとだるい程度なんですが、メシ食ってないので・・・。でもまあ、みんな一応しっかりして頂上へ行きたいと行ってます。どうぞ。
松浦 天気はどうですか。
大谷 雲海が出て、8000メーター以上は無風快晴です。どうぞ。
松浦 はい、それから、酸素はどこにデポしてあるんですか。
大谷 サウスピラーの取っ付きです。
松浦 そこから頂上まで約2時間かかると思います。どうですか。
大谷 はい、そのくらいだと思います。
松浦 それに、下山がどのくらいかかりますか、サウスピラーまで。
大谷 慎重に下りたいと思います。何時間かわかりませんが5時間くらいかかると思います。どうぞ。
松浦 ということは、少なくとも2時から3時の間に、サウスピラーまで帰れるということですか。
大谷 はい、そのつもりでおります。どうぞ。
松浦 絶対間違いなく、自力で帰れるわけですね。どうぞ。

K2 8611mの頂上へ アタック再開

大谷 はい、努力したいと思います。ただ、やっぱり慎重に下りますので・・・。ただ、午前中には完全に、少なくとも3時間で頂上を往復したいと思います。どうぞ。
松浦 サウスピラーの側壁ですか、これはフィックスは全然張ってないんですか。
大谷 はい、全部スタッカットで下ります。その後捨縄とカラビナで、危険なところはダブルにしておいて下りたいと思います。どうぞ。
松浦 十分気をつけること。キャンプ6、これはサウスピラーをキャンプ5の方へずっと寄った方へこしらえてあります。そこに酸素ボンベ、食糧他がすべてデポされております。キャンプ5に帰る場合、睡眠用にそこから酸素を持って帰ってください。新しいのとつけかえてください。
大谷 はい、了解しました。ぼくらも150気圧入ったものをサウスピラーのところへデポしてありますので、それで間に合うと思います。どうぞ。
松浦 そうしますと、一応キャンプ6に食糧のほか燃料、酸素すべてデポしてありますので、一応覗いて、必要なものはそこから持って帰ってください。キャンプ6には米本と薮田を待たしておきます。したがって、必ず逐次こちらの方へ連絡をください。どうぞ。
大谷 はい、じゃ松浦さんを通して連絡したいと思います。どうぞ。
松浦 十分気をつけて、特に下り――登りは何も気をつけることは要らないけれども、下りは十分気をつけること。ツクチェの二の舞いは絶対に起こしてはいかん。了解でしょうか。
大谷 はい、よくわかりました。十分気をつけて行動したいと思います。どうぞ。
松浦 では、成功を祈ります。
大谷 はい、ありがとうございます。それでは頑張ります。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional