K2 登山家 山下松司ファンサイトへようこそ。K2西稜からの初登頂 8611mへの「夢、挑戦、決断」の記録をお楽しみください

15発目 「8月7日 10時30分 頂上へ 下るか登るか!」 (3)

15発目 「8月7日 10時30分 頂上へ 下るか登るか!」 (3)

松浦 どうぞ。
山下 先ほどC6に下るように指示を受けました。ぼくはすぐ下るつもりでしたけれど、ちょっとあんまりピークへの稜線が難しくないのと、時間が早いのと、そういうところで、とにかく僕がずっと見てますので、ナジールと大谷さんのパーティだけでも行かしてもらったら、本当にそうたいした時間かからずに行けると思うんですが。どうぞ。
松浦 1時間以上もかかるようなルートではだめです。了解でしょうか。
山下 1時間はかからないと思います。
松浦 標高差は幾らですか。
山下 標高差は、そうですね、50足らずでしょうか、大半がコンテです。ほとんど大半がコンテです。ほんともう、みすみす僕のために、ちょっとあれするのも悪いので、とにかくもうすぐなんで、何とかして・・・。
松浦 非常に気になります。高さが8500で、昨日酸素を吸ってない、きょうも吸ってない、食糧も食べてないというような状態で、まともな山登りができるはずはありません。ちょっとナジールに代わってください。
山下 はい、了解しました。
松浦 ナジール、下りるんだ。いいか。
ナジール 松浦さん、ナジールです。つらいビバークでした。寝袋なし、ビスケットのひとかけらもなし、夜を過ごすのに何もありませんでした。頂上への執念だけで耐えました。今頂上まで1時間半です。おりるぐらいなら死んだほうがましです。8500メートルで酸素なし、食糧なし、装備なしのビバークをしました。私たちはカラコルムの新しい歴史を作ったんですよ。大谷さんはリードしてくれてます。今日は調子がいいです。私も山下さんもまいっていません。あと50メートルです。150メートルではありません。どうかひきとめないでください。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional