K2 登山家 山下松司ファンサイトへようこそ。K2西稜からの初登頂 8611mへの「夢、挑戦、決断」の記録をお楽しみください

17発目 「8月7日 10時30分 頂上へ 下るか登るか!」 (5)

17発目 「8月7日 10時30分 頂上へ 下るか登るか!」 (5)

松浦 大谷、大谷、感度ありますか。
大谷 はい、感度良好です。どうぞ。
松浦 説得したか。
大谷 いまディスカッション中で、彼が言うには「あしたはもう絶対天気が悪い。ここから見てもあしたは悪い。キャンプ6へ下りて、あしたはどうするんだ」というような話と、あと、「ここからC6まで4時間から5時間で下りれる。4時間ありゃ十分じゃないか、それなのに何で8時間なんだ」と、そういうようなことです。どうぞ。
松浦 大谷、実際何時間で下りれるんだ。
大谷 普通の体調というか、5時間あれば僕は下りれると思うんですが・・・。どうぞ。
松浦 頂上から5時間ということか、いまの山下を連れて。
大谷 いや、山下は、帰りは大丈夫だと思います。登りはものすごく時間がかかり過ぎて、ですからナジールが言うには頂上を往復してここで12時です。12時に下りたら5時、そういう計算です。
松浦 いま10時半だ。1時間半で頂上まで行けるのか。
大谷 急いで、ガンガン飛ばせば、1時間半で行って帰ってこれると思います。どうぞ。
松浦 そうしたら、山下は絶対にそこを動かすな。いいか。

K2 8611mの頂上へ ロープが伸びる

山下 松浦さん、感度ありますか。
松浦 感度良好です。どうぞ。
山下 ぼくは、高さが高いですけど、そんな、全然、それほどよれてはおりません。平地だったら、ちょっと駆け足でもするぐらいはあります。どうぞ。
松浦 それではナジールと大谷、2人ですぐに出ろ。そして山下を連れてキャンプ6へ戻れ。いいか。
山下 了解しました。

松浦 はい、BCです。
大谷 誠に申し訳ありません。そういうことでよろしいんですか。
松浦 いいか。そのかわり山下とナジールは絶対に連れて帰るんだぞ。
大谷 はい、了解しました。申し訳ありません。リーダーシップとれないで。どうぞ。

松浦 山下、山下。
山下 はい、感度あります。どうぞ。
松浦 松浦ですが、おまえはそこでじっとしてるんだぞ、いいか。
山下 はい、今後の記録に全部を目撃しています。どうぞ。
松浦 絶対に動いてはいかんぞ。
山下 はい、了解しています。了解しています。どうぞ。
松浦 そうしたらトランシーバーは大谷に渡して、12時までに着くように。

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional